URBAN SEED BANK

おしらせ

» すべてのお知らせを見る

アーバンシードバンクプロジェクトとは

いま、全国各地で人びとから見放された里山が問題になっています。

実は、里山にはたくさんの在来種の種がひっそりと眠っています。
(これらの種のことを”シードバンク”または”埋土種子”といいます)
多くの植物の種には休眠性があり、土の中で長い間芽を出す時を
待っています。
このような種は光があたると長い眠りから覚めます。
つまり、里山は植物の種(シード)を保管してくれている銀行(バンク)
なのです。

その種から育てた苗を都市の緑化に使うことで、都市は緑や生物で潤い、
里山には人と資金が流れる。そんな継続的な里山再生が
“アーバン・シード・バンク” プロジェクトです。

都市の人びとが生活の中で里山の緑を楽しむことで、
里山に足を運ぶきっかけが生まれる。

このプロジェクトが都市と里山の交流のかけ橋となれればと考えています。

※本事業は、中小企業庁の「中小企業・小規模事業者ものづくり・商業・サービス革新補助金」を活用しています。

里山ネットワーク・緑の供給・コミュニティの「場」創出(広場・街路沿い等)→・資金の支援・豊かな植生を守る・里山との人的交流 都市に豊かな生物多様性をもたらすだけでなく、里山の再生・保全にもつながります。

「熱海の森」での里山再生活動が、当プロジェクトのきっかけに

きっかけは「Present Tree from 熱海の森」(※)での里山再生活動で
した。

プロジェクトの一翼を担う認定NPO法人環境リレーションズ研究所は、2010年、熱海市にある荒廃した放置里山で、森林再生活動をスタートさせました。
真っ暗で不毛だったこの地に手を入れ、光が入るようになったことで森林機能が回復し、さまざまな植物が芽生えてきました。

※PresentTreeとは? 人生の記念日に樹を植えよう!をコンセプトに展開する森林再生活動です。詳しくはPresentTree公式HP

放置された暗い森を適切に手入れすると… 明るく、様々な植物が芽生える森に! 実生の芽生え

「山笑う」・・・草木が萌え始めたのどかで明るい春の山を表す季語です。
当プロジェクトによって、全国の放置里山が、このような姿をとり戻すことをめざしています。

どうやって緑化するの?

東京の自然植生に近い静岡県熱海市をはじめ本州中部太平洋側区域の在来種を寄せ植えした、”里山ユニット”を使って緑化します。
東京では、観賞用に植栽されたものが広がり、地域本来の生態系に悪影響を与えているといわれています。そのため、緑化する植物には在来種を使う必要があるのです。

まずは熱海から、そしてその後は、この取り組みを全国の放置里山へと広げていきます。
将来的には、「関東の里山」「九州の里山」など、各市街地の緑化に対応できる ネットワークづくりをめざしています。

里山ユニットでは、同じ植生区分の植物だけを使用します。
それぞれの土地の生態系を攪乱しないため、 環境省が提唱している植生地域区分の範囲内の植物を使用し、寄せ植えします。
なお、里山ユニットによる植生のかく乱を防ぐため、お届けできるエリアを本州中部太平洋側区域に限定しております。

<<お届けできるエリア>>
1. 福島県浜通り南部 2. 茨城県全域 3. 栃木県南部 4. 埼玉県全域 5. 千葉県全域 6. 東京都全域 7. 神奈川県全域 8. 山梨県北部を除く全域
9.静岡県全域 10. 愛知県全域 11. 岐阜県南部全域 12. 三重県中央より北部全域

里山ユニットで都市を潤す、初めの一歩に「里山グリーンカーテン」はいかがですか?

里山グリーンカーテン

里山ユニットをご購入いただくことで、都市の緑化からはじまる、里山再生に貢献できます。お申し込みはこちら

里山@東京 活動に参加する

お問い合せ:株式会社環境ビジネスエージェンシー アーバンシードバンク担当 井戸 TEL:03-3296-8655 FAX:03-3296-8656

「アーバン・シード・バンク」プロジェクト推進体制
里山ユニットのプロモーション|株式会社環境ビジネスエージェンシー http://www.ebagency.jp/
里山ユニットの製造|株式会社ゴバイミドリ http://www.5baimidori.com/
里山再生のコーディネーター|認定NPO法人環境リレーションズ研究所 http://www.env-r.com/
里山再生の担い手|合同会社フォレストウォーカー、その他全国の里山ネットワーク

Copyright ©URBAN SEED BANK All Rights Reserved.