2021/01/28
1月27日(水)墨田区役所にて里山BONSAIワークショップを開催しました!

こんにちは!アーバンシードバンク事務局です。

この度、墨田区主催の環境に対する取り組み、『エコライフ講座』にて里山BONSAIワークショップを開催頂きました。

今回のワークショップは緊急事態宣言の最中での開催となりましたが、アルコール消毒液の設置、参加者一人一人の検温、サーキュレーターを稼働させての室内の換気等、墨田区の徹底した感染防止対策の上、参加者の皆様には安心してご参加して頂きました。

このような大変な時期にもかかわらず、20名の方々にご参加して頂きました。

ご参加くださり、どうもありがとうございました!

第1部は、弊社代表 鈴木敦子による講義「なぜ里山BONSAIを作り育てていくのか?」にて、森林の重要性と里山BONSAIを手元に置く意義をについて学んでいただきました。

代表鈴木による講義

講義の時間は約40分、みなさま真剣に耳を傾け、「そうなんだ」「へぇ~」「知らなかった」などの相槌を打ちながら聞いて頂きました。

みなさま真剣に講義を聞いています!

講義がひと段落しまして、質疑応答の時間を設ける前に、ご質問をいただくという熱心さ!私たちの森林再生や里山保全に対する熱い思いが少しでも伝わったのではないかと実感する事が出来ました!

第2部は、里山BONSAI作成ワークショップです。

まずは樹種の紹介から。アーバン・シード・バンク事務局、伊藤が担当しました。

今回準備しました苗木は、アセビ・ナンテン・マンリョウ・スダジイ・ホンサカキです。

これから育てていく苗木、ぜひ名前を覚えてあげてくださいね^^

ひと通り作り方を説明開いた後、里山BONSAI作成スタートです。

今回のご参加者様で盆栽づくり経験御有りの方が多く、手際よく、かつバランスの取れたBONSAIを作っていました!

そして、BONSAIをより個性的にするため、石粉粘土「マイネッタ」チャームを作成!お花、カエル、ハート、犬など様々なチャームが出来上がり、皆様の器用さが伝わりました。

また、今回の里山BONSAI旗ピックには、SDGs達成に向けて自分たちが出来る事を記入いただきました。

マスク越しではありましたが、BONSAI作成に当たり、皆様なのしぐさや声から笑顔が見られた気がしました!

出来上がり作品をいくつかご紹介いたします!

この方は、生け花の経験が御有り!生け花とBONSAIが融合された作品を作っていました。
マイネッタでかわいい鳥を制作し、BONSAIからは自然が感じられる作品となっています
苗の持ち味を生かした作品!

最後に、今回の講座についてのアンケートにお答えいただきました。

講座の時間を少し長くして頂きたいという声、そして内容も面白かった・参考になったとおっしゃってくださり、全参加者から最高評価も頂けました。

ご参加いただきました皆様、そして墨田区役所の皆様のご協力の元、今回のイベントも大成功で終えることが出来ました!

墨田区環境保全課の皆様どうもありがとうございました!

コロナによる外出制限がありますが、ワークショップを通し 、緑を身近に感じられる機会、そして里山BONSAIが皆様の癒しの存在になればうれしい限りです!

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Search this site

archives

  •  

    • 2021 (5)
    • 2020 (25)
    • 2019 (22)
    • 2018 (14)
    • 2017 (41)
    • 2016 (26)
    • 2015 (27)
  • profile

    Copyright ©URBAN SEED BANK All Rights Reserved.