2015/12/12
【里山BONSAI サイドストーリー】福祉作業所での日々の活動、そして里山BONSAIへの期待 

「里山BONSAI」の生産体制を構築するクラウドファンディングに挑戦中です。目標まであと半分!引き続き、皆様の御支援をよろしくお願い致します!

https://greenfunding.jp/fca/projects/1339-bonsai (12/16迄!)

 

 

今回は、里山BONSAIの製造担当、株式会社研進(社会福祉法人進和学園)の出縄貴史代表からも、プロジェクトの成功を祈ってメッセージをいただきましたので、御紹介させていただきます。

福祉作業所での日々の活動、そして里山BONSAIへの期待。事務局もこのメッセージを励みに、クラウドファンド目標達成まで頑張ってまいります。

 

------------------------------- 

福祉作業所での日々の活動、そして里山BONSAIへの期待 

              株式会社研進代表 出縄貴史 

-------------------------------

株式会社研進は、社会福祉法人進和学園(障害者福祉施設)の営業窓口会社です。

http://www.kenshin-c.co.jp/(研進HP)

40年以上に亘り継続しているホンダ車部品組立作業を中心に、事業の多角化の一環として福祉施設自主製品(パン、菓子類、農産物加工品等)の販売促進や地元スーパーにおける「施設外就労」等を進和学園はじめ連携する福祉施設に仲介しています。

私たちが日頃育てている苗木育成事業である「いのちの森づくり」プロジェクトは、2006年にスタートし、横浜国大名誉教授の宮脇昭先生のご指導を得て、「その土地本来の木による本物の森づくり」を目指し、主に知的・精神障害のある方々がドングリや木の実から苗木を栽培し、各所で植樹活動を推進しています。福祉施設間の「森づくりチーム」を「どんぐりブラザーズ」と称し、現在、10以上の施設が参加しています。

 20150810hp2福祉新聞・森づくり[1]

「自然の森は色々な種類が混ざり合っている。仲の良いものだけを集めても駄目。人間社会も同じ。混ぜる。混ぜる。・・・」

という宮脇先生のメッセージは、個性を尊重して共に生きるという障害者福祉の理念に通ずるものです。

 

宮脇先生と共に(どんぐりハウス)

宮脇先生と共に(どんぐりハウス)

ポット苗を持って

どんぐりブラザーズ ポット苗を持って

プレゼントツリー熱海の森再生活動にも参加!

プレゼントツリー熱海の森再生活動にも参加!

このたび、多くの皆様のご支援のもとに、素敵な「里山BONSAI」が登場しました。「どんぐりブラザーズ」が育てた苗木もご利用頂き、また、このキットを製造する過程で障害者の自立支援に貢献する「仕事」が提供されます。
皆様も、自然の森や里山を手軽に楽しめる「里山BONSAI」との触れ合いから、自然に親しみ福祉にも思いを馳せて頂ければ幸いです。

-------------------------------

 

「自然の森は色々な種類が混ざり合っている。仲の良いものだけを集めても駄目。人間社会も同じ。混ぜる。混ぜる。・・・」

宮脇先生は「混ぜる」を「まじぇ~る、まじぇ~る」とよく言われます。とても印象的なお言葉です。

 

今回のFCA様サポートの本企画「SHARE CHRISTMAS」で各団体が取り組んでいるテーマも、一方的な支援でなく、人間社会の”多様性”に繋がるものばかり「まじぇ~る、まじぇ~る」です。

ちいさいひとも、おおきいひとも。

おとこのひとも、おんなのひとも、まんなかのひとも。

げんきなひとも、そうでないひとも。

今日よりもいい明日を、明日よりも素敵な明後日を!「里山BONSAI」を通して誰もが気持ちよく過ごせる社会づくりに参加いただけますと幸いです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
Pocket
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

Search this site

archives

  •  

    • 2020 (23)
    • 2019 (22)
    • 2018 (14)
    • 2017 (41)
    • 2016 (26)
    • 2015 (27)
  • profile

    Copyright ©URBAN SEED BANK All Rights Reserved.